TOP > 三重の裏風俗事情!四日市諏訪公園・西新地界隈の立ちんぼ

四日市諏訪公園・西新地界隈の立ちんぼに初アタック!

近鉄四日市駅近くの諏訪公園は、とてもレトロな雰囲気で、四日市市民の憩いの場となっています。

でも、そのまわりは一転してキワモノっぽい大人の歓楽街になっています。

公園周辺ははかつて「港楽園」「春告園」ともいわれた、いわゆる赤線地帯だったんですね。

で、現在は「西新地」と呼ばれ、いまでも立ちんぼが客を引いているエリアがあります。

立ちんぼの画像

私は本来このような裏風俗にはかかわらないのですが、その日は仕事をさぼって入ったパチンコ屋で儲けて、相当ふところがあったかかったんです。それでやり手ババアに声をかけられ、思わず、

「いくら?」

などと余計な反応をしてしまったわけです。

条件はホ別・40分二万円。

「どんな娘がくるの?」

姫は23才の日本人、だそうです。

うーん。なんだか裏がありそうで怖いです。

でも、こういうのっていったん足を止めてしまうと、いさぎよく撤退できないものなんですね。

「じゃあ、特別に18000円にまけとくから、そこのホテルで待ってて。10分くらいで女の子行かせるから」

思えばこのとき、もう少しねばって「顔見世」してもらえばよかったんです。

でも、出会い系ばっかりやっていると、このババアみたいな「リアルな押し」に弱くなってしまうんですね。

四日市諏訪公園の画像

「こんばんはー。おまたせねー」

10分後、うらぶれたホテルの一室に入ってきたのは、明らかに日本人ではありませんでした。みたところフィリピン人かインドネシア人です。

「あたし、ニホン人だよー。ウソいってないよ。ファイブ・イヤーズ・アゴウ、ニホン人と結婚して、ニホン人になったよ」

どうやら彼女は「日本国籍を取得している」ということをいいたいようです。

でも、俺は国籍のことなんかいってんじゃねえんだよ!

「生まれたカントリーは? どこなの?」

「フィリピン。マニラ」

だったらフィリピン人だろうがよ。

いえね、私はべつに人種差別しているわけではないんです。てか、美人でさえあればアフリカ人だろうとエジプト人だろうと、どこの国も女子だっていいんです。

でも、ドブスは日本人だって嫌いです。

彼女はなんとなく「えなりかずき」に似た中国系のフィリピン人でした。

みなさん、えなりかずきとセックスする気になれますか?

LINEの画像

会話こそうまくかみ合いませんでしたが、彼女はなかなか床上手なじつに優しい女子でした。

でも、どうしてもいまひとつ興奮が高まりません。

なぜって、彼女の顔がえなりクンだからです!

ホテルをでると一言くらいあのババアに文句をいってやろうとあたりの路地を歩き回ったんですが、肝心のババアはみつからず、別のババアの餌食にされそうになったので、私はあわてて西新地から逃げ帰りました。

>> 新着記事 割り切りでアポを取るならセックスレスの主婦が狙い目!