TOP > 津市の素人ギャル系デリヘルで本番までOKでした

素人のギャル系デリヘルで本番性交

チンコが苦しいとき、出会い系を使えばかなりの確率で射精することが可能な世の中になりました。

でも、それにしても出会い系の場合、やっぱり最低限の「手続き」は必要です。

何往復かのメールをやり取りし、条件をすり合わせ、日時を決めて、待ち合せの場所まで向かう、というのが、まあ、出会い系のデフォルトの手続きです。

でも、ときどきそんなわずかな「手続き」さえ面倒になる夜があるんです。

デリヘルの画像

とにかく一切わずらわしいことをせずに、手っ取り早くオマンコにありつきたくなっちゃうんです。

私の場合、そんな日は迷わずデリヘリに電話しちゃいます。

じつは私はデリヘルにも何人かの常連デリ嬢をキープしているんです(笑)。

その日は、素人業界未経験デリ店から23才のデリ嬢を派遣してもらうことにしました。

ギャル系の画像

みなさんはどのようにデリヘルを利用しているのか存じませんが、もし少しでも気にいったデリ嬢と出会ったら、絶対に「裏を返す」ことをお勧めします。

つまり、もう一度そのデリ嬢さんを「指名」するんです。で、そのとき彼女を褒めちぎるんです。

サービスが格段と違ってきますから(笑)。

彼女を指名したのは、その日が4回目でした。

色白で、スレンダーで、昼間は某金融機関で働いているOLさんです。

とっても物静かな雰囲気の和風美人で、私的には彼女のそういう上品なところが気に入っていました。

それに4回も指名すると相当気心もしれてきます。

「ねえ、Kさん」

一緒にシャワーしているとき、彼女が訊いてきました。

「オプションで聖水プレイってあるでしょ? 男の人ってそんなに女がおしっこしているところ見たいものなの?」

「うーん。人によるんじゃないかなあ」

「Kさんは?」

「え」

「みたくないの?」

「俺の場合は飲みたい(笑)」

「おしっこを!?」

「うん」

「飲ましてあげようか?」

彼女はそんな風にいってお店には内緒で(つまり無料で)おしっこを飲ませてくれました(笑)。

これも「裏を返した」お蔭です。

LINEの画像

さらにその日は彼女の体調の問題もあったのだと思います。

彼女は生理前になるとどうしようもなくマンコが疼いてきちゃうタイプだったんですね。

素股にとりかかったときから様子がおかしくなりました。

きっとクリトリスと亀頭を捏ねあわせているうち、入れたくなっちゃったんですね。

「あああ、今日はわたしもいきたい……ねえ、入れていい?」

デリ嬢にこう訊かれて「嫌だ」と答える男はいませんよね(笑)。

彼女はニュルンと私のチンコをマンコに納めると、ニッチャニッチャといやらしい音をたてながら、

「あ、いいいいいい! いくまでさせて! あ、ああ、いく、いく、いくううううう!」

激しくお尻を振っていっちゃいました(笑)。

くどいようですが、これも「裏を返した」お蔭だと思います。

>> 新着記事 割り切りでアポを取るならセックスレスの主婦が狙い目!